FC2ブログ
もうしませんごめんなさいゆるしてください
嫁に叩かれつつ真っ赤に光る、とあるDKナイトの日記。
プロフィール

夢の修理屋

  • Author:夢の修理屋
  • 瀬麗菜にすべてを抜かれた
    ダメ亭主。
    そしてリアルダメ亭主。

クロスランカーエピ6アペンドブック

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

このBlogのお値段

サイト売買のサイトストック

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
べんた男
631 名前:Mr.名無しさん

今日はコミケに行ってきた。お金が無いから特に買える物は
なかったんだけど、帰りの電車の中で酔っ払いのにぃちゃんがいた。

すげー身体がデカかったけど、目がかわいかったのを覚えてる。


その車両には座席の端で座ってる俺とにぃちゃん以外は殆ど女性。
20代~30代くらいかな。


そのにぃちゃんが突然暴れだした。
良く判らないけど、大きな声で嶋大輔を歌っている様だった。

俺は迷惑な奴だなぁとチラチラ様子を見てたんだけど
ついに俺の座っている座席に来て真ん中らへんに座っている
おばさん数人に絡み始める。

おばさん達は(´・ω・`)←こんな感じで押し黙ってしまった。


632 名前:Mr.名無しさん

そこでおまいの登場なんだな?
第二の電車男キタ━━━━━(・∀・)━━━━━!
詳細スペックキボンヌ


633 名前:631

漏れのスペック。
身長=小さい
体重=軽い
服装=自分ではイイ感じ

普通のアニオタ ゲーオタのニートチャソです

年齢=彼女いない歴
無論、童t(ry

とても喧嘩出来る男じゃないし…。


634 名前:631

おばさん達はずっと下を向いて
「関わらない方が良い」と言う感じだった。
するとにぃちゃんはまた訳の判らない歌を歌いながら
「べんた俺の酒がのめねーのかよ!」
みたいな事を言って俺に絡んできた。
俺はさすがにマズイと思って、勇気を振り絞ってつぶやいた。
「すみません、ごめんなさい」と。きっと声震えてた。
俺、喧嘩とかしたことなかったし。
それでもにぃちゃんに聞こえなかったらしく、反応なし。
「本当にすみません、やめてくほgじぇおm」
必死にもう一度つぶやく。

やっと俺が何か言っているのに気づいたらしく
俺の襟首をつかんで
「あぁん、お前幾つだ?」
「ににににににににににじゅぅささささささいでででです…」
「俺はなぁてろsphs9」
何言ってるのか判らなかったけど、大体「べんたのクセに生意気な」
みたいな感じの事を言ってきた。
「なんだ?やられてぇのか?」
にぃちゃんはとっくの前から喧嘩腰だった。
「けけけけけけけけけけけけいさささささささ」
「警察ぅ?上等じゃねぇかyぼうgyのあ」
そうのたまりながら、手を振りかざしてきた。


やばい、思い出しただけで涙でそう(´・ω|


635 名前:べんた男

「すみません!! 」と身体をこわばらした瞬間、
にぃちゃんの手が後ろで止まった。
どうやら誰かに手首を掴まれた様だった。

「こらにぃちゃん、そこまでにしなぁ!」
怖いにぃちゃんの後ろから若い女性の声が聞こえた。
どうやらにぃちゃんの手首を掴んでいるのはその女性みたいだ。

そのうちおばさん達が車掌さんを呼んで来たらしく
そのにぃちゃんに妙に高い声で説教していた。

さっきまでにぃちゃんを止めていた女性が隣に座ってきて
「ボク、大丈夫だった?」
と俺に声をかけてきた。
「本当怖かったです」
もっとマシな事言えよ俺。_| ̄|○


疲れた…_| ̄|○


636 名前:Mr.名無しさん

ヲタならそんなもんだ。
べんた男乙!


637 名前:Mr.夢の修理屋さん

作り話とは思えんくらいダサイ


638 名前:べんた男

>>637
本当にそんな感じだったよ…
ダサイよ俺。
カコイイよねぇさん。
声高いよどこかの君主に似た車掌。


しばらくすると車掌が俺と女性の所に来た。
「とりあえず、警察に引き渡すので次の駅で降りて下さいね」

事件扱いにするということで、次の駅で
俺と、隣に座った女性と、にぃちゃんが降りた。
すると車掌さん
「ちょっとコールクランでお巡りさん呼ぶからその人押さえてて
くれますか?」
と何やらブツブツ唱えてる。
何かヤバイ人だと思った。
俺は怖くてにぃちゃんから離れてたけど、例の女性が掴まえていた。

ちょっとしてようやく人が2人来た。
ひとりは警察官じゃなくて自衛隊の人だった。
もうひとりは氣志團を歌っていた。
「このにぃちゃん?」
と俺に聞く。はいと答えると恐々にぃちゃんを駅員詰所に
連れて行く。俺らは後に付いていく。
そこで俺らの身分証明をした後に
「これ、事件にします?」
と女性に問うと、
「いえ、いいです」
との答え。
俺は事件にして欲しかったけど「いいいいです」と答えておいた。


639 名前:べんた男

事件にしなくても何か書類をかかなくてはいけないらしく
女性と俺も一応交番まで行くことになった。
その道中
「おおおお俺のせいで大変な事に巻き込んですみません」
と女性に謝った。
女性は
「いいんですよ」
と変にやさしい言い方で返事をしてくれた。

交番に着くと、にぃちゃんは交番の奥へ連れて行かれる。
「ちょっとでいいんで大人しくしててくださいね」
と自衛官がおびえていた。

調書(?)をカリカリ書いている女性をみてて
俺はまた謝らずにいられなくなって
土下座しながら謝った。
あの時殴られていればこんな大事にならずに済んだのに
と言う思いでいっぱいいっぱいだったから。
「今どきボクちゃんみたいな奴ばっかりだから大丈夫よ」
と女性が言ってくれた。ますますどん底にはまった。

あともうちょい…
結末バレてるけど…


640 名前:べんた男

何を思ったか
「あ、僕はもう帰っていいですか?」
俺は氣志團を歌っていた人に言った。
「べんたを遮断しました」
と丁寧にダメ押しまでしてくれた。
そして女性に深々と土下座して
「ありがとうございました」
と。
「よろしければお名前教えてくださいませんか?」
と俺は女性に言った。
俺の持っていた同人誌に名前を書いてくれた。
「ひう」
と書いてあった。どうみてもHNっぽい。
「あのお礼にWebMoneyを500円分お送りしたいので
連絡先教えてくれませんか?」
と言うと
「ちょっwwwwwwwっおまwwwwwwwww」


「㍉」


と逃げる様に女性は去っていった。

終わりです。
あとで気が付いたんだが
なんで俺、そこでWebMoney500円分とか言っちゃったんだ_| ̄|○
財布の中に5円しか入っていないのに…
俺、女性と話した事なかったから
焦っちまったよぉぉぉぉーーー


641 名前:鬼嫁さん

3000回逝ってこい。






このお話はフィクションであり、実際の電車男とは一切関係がございません。
またリネージュキャラクターと同じ名前が一部ございますがそのキャラクター及び中の人とは一切関係がございません。


がダサイのは事実です。
スポンサーサイト

TOP
この記事に対するコメント

他人事に思えないんですけどこのお話(´д`)


というか素直に面白かったです。

他のネタも期待しちゃっていいですか
【2006/01/06 04:20】 URL | べんた #- [ 編集]


べんたくんしかネタを提供できないので
今後ともぜひネタを提供してください。

期待しています。


ってマテw
【2006/01/06 10:09】 URL | ゆめ #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yumenoshuriya.blog14.fc2.com/tb.php/13-01c0c029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。